女の人と男の人

会社を他社に売却する|必要な手続きはM&A仲介業者に頼もう

取引成立前の事前調査

男女

目的を円滑に達成するため

M&A取引の内容について、当事者間に錯誤や不明確な点がないように、取引成立前に仲介業者によって売却会社の事前調査等をすることは不可欠です。この調査は、主に専門家により売却会社の財務状況および経営状態を把握するために行われます。仲介業者による事前調査の目的は、買取予定企業が買収目的を円滑に達成できるように、取引の障害となる要因を検出することにあります。企業を買収する場合、売却予定会社と資本的、人的、取引関係等の有無にかかわらず、仲介業者による事前調査は必要不可欠です。なぜならば、迅速性や機密性が要求されるM&A取引では、売却予定企業は、取引交渉時に経営成績や財務状況などの企業に関するすべての情報を買収予定企業に開示することは少ないからです。また、売却予定企業にとって不利益となる情報は、当然に開示しにくいものだからです。したがって仲介業者は、M&Aの成立前に売却予定会社に関する経営および財務の状況などを調査します。そして重要な検出事項は、取引条件またはM&Aによる予定価額の調整要因として、もしくは買収の目的達成の障害になるような要因を事前に認知します。そのため、障害要因を軽減もしくは除去することが可能となるのです。なぜ、いつ、誰が、企業を売却することを決定したかを、仲介業者に頼んで知ることは不可欠です。それは、売却理由はさまざまで、その理由を把握することで、M&A後どのように影響するかを見極める1つの方法になるからです。